第40回調理コンクールレポート

日付2012年06月23日
分類レポート

「第40回調理コンクール」が平成24年6月23日(土)、中村学園大学にて開催されました。テーマは「一汁三菜」。日頃の努力の成果を発揮し45組が腕をふるいました。

「健康になれる食事」はもちろん、「販売力」も大きなポイント

 40回目を迎える今回のコンクールの参加者は、45組90名。午前9時からの開会式で末松事業理事は「産地のはっきりした材料で安心、安全なものを提供するのが事業部の食事。食を通してお客さまの健康を守る。サラリーマンが、お昼だけでもこれを食べれば健康になれるという食事が今回のテーマです」と挨拶。「金賞は韓国旅行ですからがんばってください」とエールを送りました。1次審査の評価基準は①メニュー構成、②彩り、③盛りつけ、④オリジナリティ、⑤食べてみたい作品かどうかの5点。2次審査は①売れる商品か(販売力)、②全体のバランスはよいか(味の確認)が採点のポイントとなりました。

「調理コンクールについて」はこちら

PHOTOギャラリー