令和元年5月25日(土)に60周年記念式典が開催されました

日付2019年06月21日
分類レポート
タグ年次総会

変わらぬお客様第一主義をさらに高め、将来の健康を守る食事の提供を推進。

新たな時代の幕が開いた令和元年5月25日(土)、ホテル日航福岡において中村学園事業部の創立60周年記念式典が開催されました。出席者は中村学園および中村専修学園からの来賓を合わせ約400名。最初の記念総会では末松事業理事により今年度の経営計画が発表されました。

基本方針に掲げたのは「60周年を迎え『お客様の満足度を高める』そのための創意工夫をする」で、とくにお客様が将来の健康寿命を延ばせるような食事の提供を主眼とし、食べ続けてもらえるような新メニューの開発やスマートミール認証の取得を目標としています。

社会的な問題でもある人材不足については外国人技能実習生の受け入れ準備を進めるとともに、働きやすい職場環境を整え、皆で一緒に明るい職場を作りましょうと呼びかけました。

その後学園表彰として12名、年次表彰は22名と6事業所が表彰を受けました。

理事長賞
理事長賞
模範賞
模範賞
最優秀事業所賞
最優秀事業所賞

OB会とともに盛大に催された記念祝賀会

総会終了後、一般財団法人日本ペップトーク普及協会 代表理事の岩﨑由純氏による記念講演を開催。「言葉のちから、無限大!」をテーマにペップトーク(Pep Talk=スポーツ選手を励ますために試合前など大事な場面で指導者がかける短いメッセージ)について話をうかがいました。ペップトークはビジネス界でも研修に取り入れるなど注目されており、言葉のかけ方次第で人に力を発揮させたり、やる気を引き出したりできることを実例とともに学びました。

午後6時30分からは記念祝賀会が行われました。末松事業理事、中村量一理事長の挨拶ではじまり、乾杯を合図に会場は一気ににぎやかな雰囲気に早変わり。OB会の方々を含め多くの出席者が食事や歓談を楽しみました。途中、新入職員の紹介や恒例の福引きも行われ、大いに盛り上がった1時間半でした。

PHOTOギャラリー