産学協同

中村学園事業部は、学校法人中村学園の収益事業部門です。

産学協同
  
中村学園事業部とは サービス紹介 食育普及活動
安全指導
産学協同
教育 部内報紹介 採用情報

産学協同

『産学協同』でさらなる力を発揮。

2008年4月にオープンした「食育館」
食育館

 中村学園大学は、将来栄養士や管理栄養士をめざす学生が食に対して深く学べる全国でも有数の大学です。その学園内に“日本一の学食をつくる”を目標として2006年3月、中村学園大学と中村学園事業部が協同で食堂委員会を立ち上げ、「食育館」づくりがスタートしました。

 食育館の大きな特徴は、レジに学生証を提示すると個人の食事データが蓄積されていくこと。またレシートにはメニューの栄養バランスを図で示した「食事バランスガイド」が表示され、カロリーをはじめ三大栄養素、塩分をどれだけ摂取したかがひと目でわかるようになっています。

 中村学園事業部は食育館を運営していく中で、一汁三菜を基本とするメニュー開発で長年にわたる経験をいかんなく発揮しています。食に対する関心が高まる今、この食育館の成果にも大きな注目が集まることでしょう。私たちはこれからも“食”のプロとして時代を牽引できるよう、さらなる挑戦を続けていきます。



 学校法人中村学園は、1949年(昭和24年)に教育者であり料理研究家であった学園祖中村ハルが中村割烹女学院を設立して以来、今日まで一貫して人々の健康を創る食と栄養の研究を重ね、実践してまいりました。中村学園事業部は、これまで多くの調理師、栄養士、管理栄養士を輩出してきた学校法人中村学園の収益事業部門です。

このページの先頭へ